「お金借りたいのに審査が通らない」そんな大ピンチの人に切り抜ける方法をご紹介します。

「カードローンの審査が通らない。どうすれば良いのか知りたい。」

「カードローンの審査にはいくつかポイントがあります。理由と対策方法をご説明します」

「お金を借りたいのに審査が通らない」「本当に大ピンチで困っている」

このようにどうしてもお金が必要なのに借りれなくて途方に暮れていませんか?

本記事ではそんな方にカードローンの審査が通らない理由と申請のポイントをお伝えします。

目次

お金を借りたいのに審査に通らないのはなぜなのか?

カードローンの審査が通らないおもな理由は以下になります。

  • 申し込みの条件を満たしていない
  • 提出した書類に間違いがある
  • 複数のローン会社への同時申し込み
  • 借入額が高すぎる
  • すでに他社からの借り入れがある
  • 過去にトラブルを起こしている

申し込みの条件を満たしていない

カードローンの審査にはいくつか申し込み条件があり、各カードローン会社で共通している項目は2つあります。

  • 年齢が20歳~60歳
  • 安定した収入がある

カードローン会社は安定した返済が可能な人物なのかどうかを1番重要視していますので、現役世代でかつ安定収入がある事は審査をうける上で大切になってきます。

また、転職して間もないと安定した収入と思われない事があるのでこちらも注意が必要です。

ここでは安定した収入がポイントになりますので、パートやアルバイトであっても、借りることができます。学生や主婦だからといって審査に落とされるわけではありません。

専業主婦でもパートナーに安定した収入があれば配偶者貸付という制度を利用してお金を借りることができます。

提出した書類に間違いがある

提出した書類に間違いがあると、最悪のケースで審査に落ちる事があります。以下の項目に注意して下さい。

  • 住所や電話番号等の個人情報に間違いがないか
  • 申請書に書いた内容とその他提出書類(本人確認書類など)が一致しているか
  • 本人確認書類などの有効期限
  • 提出書類の文字が読めるかどうか(文字のかすれなどがないか)

間違いではなく収入や年齢などでサバを読む事は絶対にやってはいけません。なぜなら本人確認書や収入証明などで必ずバレてしまいます。

貸し付けは信用が命です。嘘がバレると審査を通過する事は難しくなるので注意してください。

複数のローン会社への同時申し込み

カードローンやクレジットカードなどに短期間で複数回の申し込みを行うと「貸し倒れリスクのある人物」と判断され、審査に通らない可能性があります。

1ヵ月に3回以上の申し込みを目安として下さい。

借入額が高すぎる

高すぎる借入額も審査が通りにくくなる要因です。

収入から逸脱した借入額だと返済する事が難しいと判断されるので当然ですが、「借りれるだけ借りよう」などと思わない様にして下さい。

また、賃金業法では「総量規制」によって、個人の年収に応じて消費者金融などの貸金業者からから借りられる金額の上限が決められています。

もし借入希望額を既に借りている金額に加算した場合、その上限を超えてしまうと審査には通りません。たとえ上限は超えていなくても、希望額が高いほど可能性は低くなります。

すでに他社から借り入れがある

他社からの借入があるケースだと審査に悪影響を及ぼすことがあります。

  • 多重債務者で返済能力が低いと判断される
  • 総量規制に引っかかる可能性がある

カードローンの審査では申し込み時に金融機関からの借入額をチェックします。これは信用情報機関の登録情報なので逃れられません。

複数の借り入れがあると返済能力が低いと判断されるので、当然ながら審査が不利になります。

過去に金融トラブルを起こしている

これは俗にいう金融事故です。

  • 長期滞納をしていた
  • 債務整理を行っている

これらは信用を大きく失った状態にあるので、まず審査に通ることはないでしょう。

例として、スマホやインターネット使用での支払いなど、クレジットカード払いが多くなっています。その支払いが日常的に遅れているケースがあると危険です。

ローンなどの借り入れは信用が1番大切です。その為、信用を失う行動は絶対にしてはいけません。

総量規制を超える借金はできません

総量規制とは?

「返済能力を超える貸付け」に該当するか否かを判断する基準の一つとして、新たな貸付けにより借入残高が、年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが、いわゆる総量規制です。

出典:日本貸金業協会:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)

つまりは、年収の3分の1を超える金額は借りる事ができません。

以下の表で簡単にまとめました。

スクロールできます
Aさん Bさん Cさん
年収 300万 600万 900万
借り入れ合計金額 100万 100万 100万
借りられる上限金額 100万 200万

申し込みをする際には、現在の借入額と申し込みする借入額の合計を確認して総量規制の範囲内かどうかを判断しましょう。

また、総量規制の対象となる貸付けは、貸金業者の貸付けです。したがって、貸金業者に該当しない銀行などが行うローンや、信販会社の販売信用(ショッピングクレジット)は総量規制の対象にはなりません。

貸金業者とは、お金を貸付ける業務を行っており、財務局または都道府県に登録をしている業者のことで、具体的には、消費者金融、事業資金を貸付ける事業者金融、クレジットカード会社などが貸金業者に該当します。銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫なども、さまざまな融資を行っていますが、これらは「貸金業者」ではありません。

出典:日本貸金業協会:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)

カードローン審査時のポイントと対策

カードローンの審査を申し込う前に以下のポイントを抑えると通りやすくなります。

  • 借入額を少なくする
  • 提出書類の虚偽やミスはないようにする
  • 保証会社が異なる他社へ申し込みをする
  • 追加融資を申請する
  • 申請の期間をあける

借入額を少なくする

借入額を少なく申請する事は審査に対して効果的です。なぜなら、借入希望額が多いと貸し倒れリスクがあると判断されて審査が厳しくなるからです。

また、審査に通れば後で増額申請ができるので、借入限度額を上げることができます。

提出書類の偽やミスはないように

提出書類への嘘の記入は絶対に許されません。

審査を有利にしたい想いから年収や勤務先を偽るケースがありますが、絶対にNGです。

申請内容の嘘は必ずバレますので、大きな信頼の低下となり審査に通らなくなります。

また、誤って記入ミスが起こる事もありますが、確認・修正が必要になりますので審査に時間がかかります。その為、提出する際には必ず間違いがないか確認することが大切です。

保証会社が異なる他社へ申し込みをする

保証会社が異なる別のカードローンに申し込みを行うのも効果的です。

なぜなら審査に落ちた場合、カードローンが違っていても保証会社が同じであれば、結果は変わらない可能性が高いからです。

特に過去に金融トラブルがあると難しくなります。

その為、保証会社が違うカードローンに申し込みを行えば、審査が通る可能性が残っている仕組みです。

申請の期間をあける

短期間で複数のカードローンに申し込みをする事はNGです。

なぜなら信用情報機関に申し込み情報が多登録され、審査に悪影響だからです。

目安として6ヵ月以上で信用情報機関の登録が消えるので、審査が通らない方は間隔をあけてから申し込みを行って下さい。

ヤミ金だけはやばいので絶対利用者にならないように注意する

闇金とは、超高金利で貸付をおこなう違法な貸金業者のことです。消費者金融やカードローンのような正規の貸金業者から借り入れができなくなった金融ブラックの多重債務者をターゲットに融資をおこないます

  • 経済的弱者を狙う
  • 法外な利息をとる
  • 取り立て(貸付の回収)方法が違法

ヤミ金の怖いところは、返済能力のない弱者に違法な利息を請求したり、家族や友人・会社にまで回収の手を回すところです。

こうなると利用者は社会的信用も失い、精神的に追い詰められていくので非常に危険です。

漫画やテレビドラマでもあるような事が本当に起こってしまうので、闇金だけは絶対に利用しないで下さい。

借金が増えて返済が厳しい方の最終手段

複数の借入先から借金が増えてしまい、どうしても返済が厳しい状態になってしまったら以下の2つの方法を取ってください。

  • おまとめローン
  • 債務整理

おまとめローン

おまとめローンとは銀行や消費者金融が行っている複数の借金をひとまとめにしてくれるサービスの事です。

特徴

  • 返済の管理がしやすくなる
  • 多重債務から抜け出すことが出来る
  • 精神的に楽になる

おまとめローンは返済専用サービスなので追加の借り入れはできません。

多重債務はその場しのぎの自転車操業なので、不幸な未来しかまっていません。

おまとめローンを選択した事を良い機会として、借金返済の道を歩んでいただきたいと思います。

債務整理

債務整理は最終手段です。以下にに該当する方は債務整理を検討してください。

  • 借金が年収の3分の1以上になっている
  • おまとめローンも通らない
  • 返済するめどががたたない
  • 多額の借金を長期間滞納している

債務整理を行うと借金の元本を減額してもらえたり借金そのもを無くしてもらえたりします。

しかし、これは最終手段です。債務整理は信用情報機関に異動情報として登録されるので、カードローンをはじめとした金融サービスを受けられなくなってしまうデメリットがあることは覚悟してください。

まとめ

<審査を出す際のポイント>

  • 借入額を少なくする
  • 提出書類の虚偽やミスはないようにする
  • 保証会社が異なる他社へ申し込みをする
  • 追加融資を申請する
  • 申請の期間をあける

<審査に通らない原因>

  • 申し込みの条件を満たしていない
  • 提出した書類に間違いがある
  • 複数のローン会社への同時申し込み
  • 借入額が高すぎる
  • すでに他社からの借り入れがある
  • 過去にトラブルを起こしている

<返済が増えた方の最終手段>

  • おまとめローン
  • 債務整理

借り入れの審査が通らないのには必ず理由があります。本記事のポイントを試してみて、借り入れ審査に望んでください。

また、闇金にだけは絶対に手を出さないようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる