育休中の副業はハンドメイドがおすすめ!その理由と注意点をご紹介します。

子供が生まれたなら育児休暇により仕事を休むことができます。育児休暇中は基本的に育児に専念する必要がありますが、慣れてくると時間にも余裕が出てくるので、副業を考える人もいるでしょう。ただ、育児休暇中なので行える作業は限られており、副業選びに悩む人もいるはずです。

そのような人はハンドメイドを考えてみることがおすすめです。ハンドメイドの副業は育児中に行っている人も多く、メリットもあります。本記事では育児中のハンドメイドの副業のメリットと注意点について紹介します。

目次

育休中にハンドメイドを行うメリット

育休中のハンドメイドによる副業のメリットは以下の4つです。

  • 無理なく自分の可能な範囲で作業出来る
  • 負担が軽く始めやすい
  • 子育ての息抜きになる
  • 育児給付金と合わせて収入になる

無理なく自分の可能な範囲で作業できる

ハンドメイドによる副業は、無理なく自分のペースで作業することが可能です。ハンドメイドはアクセサリーやバッグなどの作品を自分の空き時間で作成していきます。他の業務と違ってノルマや拘束時間などがないので、自分で計画して作業を進めていくことができます。

例えば、朝2時間、昼2時間などと時間を小分けして作業していくことも可能です。育児中だと子供の世話もしなくてはならず、時々作業を中断しなくてはいけません。

パソコン作業の場合はデータ保存をしなくてはいけないこともあるため、急な中断が難しい場合もありますが、ハンドメイド作業なら基本的にいつ中断しても大丈夫です。そのため、いつでも育児と仕事の切り替えを行うことが可能です。

金銭的負担が軽いので始めやすい

ハンドメイドは金銭的な負担が少なく、始めやすい副業です。作品次第ではありますが、100円ショップで材料を揃えることも可能なので、リスクを少なく始められるのは大きなメリットですね。。

また、バックなどの作品をハンドメイドで作成する際も、材料の仕入れ先を選択すればかなり安い費用で抑えることが可能です。特に海外のサイトから材料を購入するなら日本よりも激安で購入することができます。

他の副業だと初期費用が高く、仕事を始めたくてもハードルが高いように感じることがあります。しかし、ハンドメイドなら作品のクオリティや材質によって価格を抑えるられるため始めやすいのが魅力です。

子育ての息抜きになる

ハンドメイドによる副業は子育ての息抜きになります。ハンドメイドは基本的にアクセサリーなどの小物やバッグなどを作成していきますが、作業に集中する特徴があります。例えば、ネックレスを作成する際もビーズなどをはめていく際は集中力が必要です。

服やバッグを作成する際は編むことや縫うことに集中する必要があるため、ハンドメイドは基本的に集中する時間が長くなります。集中している間は他のことを考えることがなく、無心になることができるため、精神面を調整させる効果が期待できます。

育児で疲れを感じている際も、ハンドメイドをすることにより息抜きの機会とできるでしょう。

育児給付金と合わせて収入になる

ハンドメイドによる副業をしても、育児給付金は受取ることが可能です。育児中となると育児給付金を受取ることができますが、これは条件に当てはまっておく必要があります。育児給付金の条件は以下の2点です。

  • 育児中の賃金が通常の80%以下であること
  • 終業日が月10日以下または80時間以下であること

副業の種類によっては上記の条件に当てはまらないことがあり、育児給付金がもらえなくなる可能性も生じます。しかし、ハンドメイドは雇用されて働くのではないため、どちらの条件も当てはまるため、育児給付金をもらうことができます。

育休中でハンドメイドをする際の注意点

育休中にハンドメイドによる副業を行うことのメリットを解説しましたが、注意点もあります。注意点を確認しておくことで、自分に合った仕事なのか判断することは大切です。以下の点を確認するようにしましょう。

  • ハンドメイルのスキルが必要
  • 収入は少なめ
  • 仕事と子育ての管理が必要

ハンドメイドのスキルが必要

ハンドメイドは一定のスキルが求められます。アクセサリーやバッグ、服などを作成する際は作り方にデザインのセンス、また手先の器用さなども求められることでしょう。そのため、ハンドメイドによる作品作りをしたとしても、綺麗に仕上げることができなければ、出品して販売しても売れることがありません。

また、綺麗に仕上げられてもデザインセンスがイマイチなら、収益が上がらないことも考えられます。

スキルとデザイン性の向上を行いながら改善していく事が大切です。

収入は少なめ

ハンドメイドによる副業は大きな収入を得ることが難しいです。ハンドメイド作家で月に10万円以上稼ぐのは上位5%ほどであり、大体の方は月に5万円以下の収入となっています。その中でも月1万円以下の人がほとんどなので、収入として計算しにくい仕事です。

時間をかけて仕上げた作品が必ず大きな収入になるわけではなく、ある程度の収入を得るためには時間がかかることもあります。

赤字を出してしまうことも考えられるため、作るだけではなく集客や販売のスキルアップも行っていきましょう。

子育てと仕事を管理する

ハンドメイドによる副業は管理能力も求められます。ハンドメイドは基本的に自由に行うことができるため、自分の計画によって行えます。作業時間はもちろん、どれだけ作成して販売するのか、在庫はどれだけ保管すべきなのかなど、管理能力が求められます。

また、育児との両立も必要なので、自分のストレスや疲労が溜まらないように計画する必要もあるでしょう。しっかり自分の体調や精神面を考えて作業するようにしましょう。

育休中のハンドメイドを考えてみよう

育休中はハンドメイドによる副業をおすすめしました。ただ、育休中のハンドメイドはメリットもあれば注意点もあるため、自分に合っている仕事なのか真剣に考える必要があります。自分の状況に合い、少しでも育休中に収入を得たい方はハンドメイドを考えてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる